« X-By-Wire | トップページ | X-By-Wire part3 »

2006年3月 5日 (日)

X-By-Wire part2

アクセルやブレーキの操作をダイレクトに行う、油圧やケーブルで直接可変させる、のではなく、一度電子信号に置き換えて、制御回路を通して適切な量を適切なときに送り込む機構のこと。もっと単純にいえば、ゲームのコントローラと同じにするということ。ハンドルやアクセル、ブレーキペダル、はあくまでスイッチとしての存在で、それ自体に意味はない。UI (User Interface) として理解・操作できる形であればどんな形状をとってもかまわない。
飛行機では既に実用化され、販売されている飛行機のほとんどに採用されている。
あくまでスイッチであるから、フィードバック機構(速度によって重くなる、状況によって振動する、など)がないと実際の操縦感が得られない可能性がある。

参考URL:
アルプス電気プロジェクト紹介

|

« X-By-Wire | トップページ | X-By-Wire part3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X-By-Wire part2:

« X-By-Wire | トップページ | X-By-Wire part3 »