« X-By-Wire part2 | トップページ | X-By-Wire part4 »

2006年3月 8日 (水)

X-By-Wire part3

デメリットは、part2でちょっと書いた。
メリットは? これは他の電子制御技術との親和性につきる。
変速系、燃料噴射系、サスペンション、ステアリング、など現在車のほとんどの部分は電子制御で成り立っている。ミッションのマニュアル(以下、MT)とオートマチック(以下、AT)を比較すればわかりやすいが、初期のATはどうにもこうにも使い勝手が悪く、燃費も優れなかった。しかし現在、無段変速機と組み合わせると燃費面でもMTと同等かそれ以上であり、運転のしやすさや快適性では比較にならない。
この上に、アクセル、ブレーキの制御を電子化できれば、個人の特性を回路にフィードバックし、より適切な燃料噴射時期、量を算出でき、よりいっそうの省エネ、そして自動化が期待できる。

|

« X-By-Wire part2 | トップページ | X-By-Wire part4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X-By-Wire part3:

« X-By-Wire part2 | トップページ | X-By-Wire part4 »