« いじめについて | トップページ | 携帯電話とデジタルカメラ »

2006年11月28日 (火)

ドライブレコーダーの普及と活用について

ドライブレコーダー;
自動車に搭載し、ある条件以上の信号(衝撃)を受けた数秒〜数十秒前からの信号(映像、データ)を記録する装置

現在カーアクセサリーとしての販売がもっぱらなドライブレコーダーだが、本来的には保険会社がこれとセットの自動車保険を導入すれば、爆発的に普及する可能性がある。


保険会社にしてみれば、
・事故率が下がる傾向がある
・無駄に事実で争う必要がない
   事故原因、運転者の過失割合、など
のメリットがあるし、まして一番にこれをPRすれば安全意識の高い会社として認知されるだろう。
また大量導入を行うことによって1台あたりのコストの削減も考えられる。


とくに若年者の保険料が高くなる傾向がある最近の料金体系において、ドライブレコーダーの搭載を条件として、比較的割安な料金設定(免責事由の説明は確実に行う必要があるが)を行い、顧客を囲い込むことができるのであれば、双方にとってメリットは大きいはずである。

|

« いじめについて | トップページ | 携帯電話とデジタルカメラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライブレコーダーの普及と活用について:

« いじめについて | トップページ | 携帯電話とデジタルカメラ »