« すばらしい3次元インターフェイスを構築する | トップページ | 子供たちを育てる二つの道 »

2007年2月14日 (水)

Surf to Dive (3D interface, web)

Windows Vista の3Dインターフェイス Aero について少し書いたが、それをもう少し掘り下げようと思う。


(最近はあまり使わなくなったが)ちょっと前までネットサーフィン(波乗り)という表現をよく使っていた。
ページのリンクを次から次へとたどり、インターネットという情報の海の上を軽やかに越えていくというような意味だった。深読みすれば、ネットの海の表層をなぞるという感覚とでも言い換えられるかもしれない。
デスクトップも平面、ネットの表現も平面。したがってあまり違和感はないし、タブブラウズができるようになったことが便利さにつながってくるのも頷ける。


それに対して、3Dインターフェイスが当たり前になったそんな未来の姿の一部を想像してみよう。
論理からいくと軸がひとつ増えるが、この軸を何を表すことに使うのか?
ありきたりなのは、時間を表すことに使う、というものだろう。
(上手に実装できれば)この時間を表すことだけでも大きなパラダイムシフトだ。


たとえばウェブブラウザなら履歴をカラム表示する必要がなくなる。
ローロデックスのように時計の表現とともにスクロールキーで履歴が見られるだけでも相当インパクトがあるだろう。


そのほかの軸は?
ディレクトリ構造を表すことに使ったらどうなるか?
現在のOSやプログラミングはDLLなどのオブジェクト構造とライブラリ機能が前提になっている。
関連が見づらく、初心者の越えなくてはならないハードルが高い。
それが、一目でわかる、たぐれるようになっていたら?
その上、各種機能の典型的な動作が一枚のパネルにだすことも可能だろう。


リンクの解析に使ったら?
リンクを自動的に解析、キャッシュ、レンダリングして、自由に見ることができたなら?
ブログやSNSなどのつながりが現在見ている1ページから広がる様を自由に見ることができるようになる。
当然回線の太さや、解析速度など様々なボトルネックはあるだろうが、表現手法が変わるだけで、たぶんネットサーフィンではなく、感覚的にはネットダイビングに変わるだろう。


3月頃と噂されている Mac の新OS Leopard は、Time Machine というバックアップ機能の表現として3Dを使うと予告している。だが、このイメージ(メタファー)は、一機能の枠にとどめておくにはあまりにも惜しい。


 #余談だが、現在の Mac OSX Tiger には、Exposé という機能が実装されている。
 #これの設定でマウスアクション(四隅に別の機能を割り当てる)を使うと
 #現在の平面のメタファーであれば、とても優れた表現手法だろう。




Windows Vista がアップデートを重ねるうちにこれらの実現にどれだけ前進があるのか。
もしかしたら、影も形もない次のOSを待たなくてはならないかもしれない。
けれど、Microsoftの行く先にたぶん3Dインターフェイスが当たり前の未来が見えているはずだ。
そして、彼らはその歩みを着実に進めるだろう。
そう、これまで幾多の機能でそうしてきたのと同じように。

|

« すばらしい3次元インターフェイスを構築する | トップページ | 子供たちを育てる二つの道 »

コメント

突然のコメント失礼いたします。
私アライドアーキテクツ株式会社の清水と申します。
この度、エンジニア様の情報を集めたクチコミサイトのスタートに際しまして、是非ともお力添えを頂きたくコメントさせて頂きました。
このサイトの仕組みは、皆様のブログの記事の中からPHP、パール、JAVA、C言語、HTML/CSS、FLASH、JAVASCRIPT、オラクル、S QL/EJB QL等に関する記事のみをサイトに収集し、クチコミサイトを作るというものでございます。
何卒宜しく願いいたします。
【説明・登録ページ】
http://www.edita.jp/admin/blogger_regist.php?id=1031&c=0
【お問い合わせ】
support3@edita.jp

投稿: 清水 | 2007年2月27日 (火) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Surf to Dive (3D interface, web):

« すばらしい3次元インターフェイスを構築する | トップページ | 子供たちを育てる二つの道 »