« ちょっとわかってきた Microsoft の Apple たたき | トップページ | 「Appleが独自設計のプロセッサ開発」の報道について »

2009年4月30日 (木)

Appleプラットフォームのメリット

プログラムができない人間の戯言と思ってくれてかまわない。
現在プログラムのほとんどは1割以下のアイデアを、9割の条件分岐、エラー処理と、ユーザーインターフェースまわりでくるんでいるのじゃないだろうか。

Appleは、プラットフォームを極限まで絞っている。同時期に発売するPCプラットフォームは現在2つ(Xeon - MacPro, Core シリーズ - iMac, MacBook (Pro), Air)。
多少の違いはあっても、メインボード、GPUまでを決めうちしている。
それをユーザーの要望を無視してまで、押しつける。
これによって得られるのは、同程度のWindows機より安い価格と高い利益。もともとMacOSなどの余分な開発費用がかかるのだから、DELLやhpと同じことをしていては、値段が上がって当たり前。それを大量発注による価格交渉の優位を得るためにプラットフォームを絞り、モデルはバリエーション展開にする。
最近の典型は、MacBook と MacBook Pro をほぼ共通化したこと。

これはほかのメリットも生み出す。

テスト工程を大幅に簡略化できる。
開発速度が上がる。
互換性チェックも簡単。

MicrosoftのOS開発速度が遅くなったのは、あまりに自由にディバイスを追加、変更できることがその理由のひとつだろう。
CPUでも、AMDを無視できるApple。GPUをほとんどすべて使える、使えるようにしなければならないMicrosoft。
確かに個別にドライバや、ライブラリを追加する義務は各メーカーにある。しかし、その他の機械との互換性チェックはどうしてもMicrosoftにかかる比重が大きい。

その部分を極限まで絞り込むAppleは、携帯ディバイスにも同じことを適用し、iPhone、iPodTouchにおいて、開発環境まで整え、攻め込んでいる。
Windows Mobile は、多数の機種をサポートしなくてはならないことが、すべての動作を緩慢にしている。しかし、OSメーカーとしては、サポートできないとはいえない。

|

« ちょっとわかってきた Microsoft の Apple たたき | トップページ | 「Appleが独自設計のプロセッサ開発」の報道について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Appleプラットフォームのメリット:

« ちょっとわかってきた Microsoft の Apple たたき | トップページ | 「Appleが独自設計のプロセッサ開発」の報道について »