« イゼルローン要塞を思い出した | トップページ | ラノリン »

2010年5月21日 (金)

F-06B 本当に大丈夫なのか?

6月に2010年の夏モデルでるそうだ。
その中に富士通の新型、プライムシリーズ F-06B(docomoの紹介サイト)
 もある。

先のエントリーで現行の F-01B について色々書いたが、現在使用しているF905iがもう3年近く使っていることもあって、そろそろ買い換えたいのだ。
指紋認証の長所を享受しているので、やはり富士通(F)が選択できればよいのだが、F-01Bはあまりにもひどすぎた。
半年しかたっていないが、F-06Bはすこしはましになっただろうか。
楽しみに上記のサイトを見たら、うん?何かが違う?
F-01B ともキー配列がかわっている。
それも iモードボタンとメールボタンが入れ替わっている。

以下はわたしの勘違いで、F906i(2008年6月発売)から変更になっていたものを、F-01Bから変更になっていた思い込んでいた。

指摘感謝します>sunny さん

 

F-01Bで大きく操作系を変えた後に半年後の機種でまた変える?

何のために?

同時期にリリースされた LG などの配置などとほぼ共通なので、ドコモの意向だろう。
たぶん、使用頻度を考慮したらこちらの方が使いやすいとでもいうのだろうが、
・だったらなぜ2009年冬の時点で変更しなかったのか?
・重要度の高いボタンの入れ替えを2段階に分けてやることに何の意味があるのか?(それとも毎回やっていることなのか)

こういう行為が次の連想を生じさせる
・次のモデルでもキー配列はかわる
・内部の操作もこれにつれて大幅に変わっている

慣れるという人間の特性はあるにしてもあまりに頻度の高い支離滅裂な変更は不信を招くとは思わないのか。
使いやすさやユーザーフレンドリー、顧客満足度向上という言葉に強固なブランドを作るという意志はないのか。

iPhoneが定着した理由の中にハードウェアはシンプルに、ソフトウェアで機能を満たすというものがあったのではないか。

F-06B は、ドコモの機種なのか、富士通の機種なのか、今の状態はどちらにも愛着や買い換えを促す力を見いだせないように思うのはわたしだけか。

新規ユーザーの大幅な増加が見込めない、スマートフォンでは、海外メーカーに太刀打ちできない現状。既存のユーザーだけでもつなぎ止めておかなければならないなかで、支離滅裂な開発を続けていく余力はあるのか。

とりあえず発売されたら、店頭で F-06B を試してみよう。
そしてだめでも今年の冬までは待とう。
それでもだめなら、もうあきらめてしまおう。
ドコモと、富士通と、もうおさらばだ。

|

« イゼルローン要塞を思い出した | トップページ | ラノリン »

コメント

初めまして、通りすがりのsunnyというものです。

Fのキー配列の変更は、F-01BではなくF906iで実施されましたが、F-06Bのタイミングでドコモのオペレーターパックが導入されたため、各メーカーのソフトキーの位置が揃えられました。 その関係でFもメールキーとiモードキーが入れ替わっています。 同様にオペレーターパックを採用したSHもFとソフトキーの配列が同じになっています。 ちなみに今後はこのオペレーターパックが採用されていくため、キー配列の変更はありえません。

今回の変更はどの機種に乗り換えてもキー配列があまり変わらなくなるという点でユーザーフレンドリーを目指しているものです。

投稿: sunny | 2010年5月21日 (金) 17時28分

ありがとうございます>suunyさま
本文も訂正します。

投稿: からっぽ | 2010年5月21日 (金) 21時23分

F-06Bはオークションで買ったら3万ぐらいで売ってると聞いたんですがもしかしたらショップで買うより少し壊れやすいのでしょうか?

投稿: kousuke | 2011年6月20日 (月) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147747/48417175

この記事へのトラックバック一覧です: F-06B 本当に大丈夫なのか?:

« イゼルローン要塞を思い出した | トップページ | ラノリン »