« ストイコビッチがすごく切ない | トップページ | 地方空港の今後 »

2010年6月 4日 (金)

Google と距離を置く Apple の必然

iPad が日本でも発売された。
それなりに好調のようだ。

Flashはいらないと Adobe と距離を置く Apple だが、Googleとも距離をとりつつある。
なぜか?
iPad, iPhone の弱点は、Mac もしくは、Windows 機がいるところだ。そのせいで、PCが使えないと設定の一部やより有効に使うことができない。ネットに直接つないですべてのサービスを享受できればその方が手っ取り早いし、ユーザーの逃げ場がない。
iPhone には MobileMe サービスを用いて、トレースやセキュリティ対策(ロック、データ消去)ができる機能が提供されているが、実際のところこれらは毎日使う類のものではない。
やはり、メール、アドレス帳、ブックマーク、発着信履歴、スケジュール、ファイル共有、SNSなどの機能の方が圧倒的だ。この部分まで自社で囲い込むことができれば、より収益は安定するし、売り上げの伸びも期待できる。
そしてこの分野で圧倒的に有利な立場にいるのが、Google である。
Google のサービスを使っている限り、ネットにつながっているのであれば、どの端末でもいいや、ということになる。

iPhone OS4.0 のリリースが目前だが、もしこのあたりのサービスの拡充も提供を始めるのであれば、注目しておいた方がいいだろう。

 #なお、現状の MobileMe サービスは有料だが、その分の価値があるかというとはなはだ疑問のサービスである。特にメールサービスの出来は、Gmailに遠く及ばないと思う。

|

« ストイコビッチがすごく切ない | トップページ | 地方空港の今後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Google と距離を置く Apple の必然:

« ストイコビッチがすごく切ない | トップページ | 地方空港の今後 »