« 2011年7月 | トップページ | 2014年2月 »

2012年6月22日 (金)

ドラッグストアがかわる

今まで、「ドラッグ」ストアといわれているものは、調剤不要のドラッグも扱う日用品のショップだった。
だが、最近は、「調剤ができる」本当の意味でのドラッグストアになりつつあるし、そうならないと生き残れない現実がある。
そして、現在病院の周辺にある調剤薬局は急速に衰退するだろう。結果薬剤師は、余りだす。
なぜか?購買行為として考えた場合、調剤薬局と病院の時間距離は、適度に離れていた方がよい。病院でFAXをしてもらって目の前の薬局では待つ場所がかわるだけである。自宅周辺に(十分に安価な)最寄り品、日用品を扱う調剤薬局があるなら、そこを選ぶだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマダ電機 サテライト店 戦略について

ヤマダ電機が全国各地にサテライト店を出店する計画を進めている。都市型店舗のLABI、郊外型大型店舗のテックランドでは、カバーしきれない15万人商圏に向けた方策だそうだ。
家電販売では、ダントツの存在になってしまったヤマダだが、上場企業である以上常に成長を求められる。ほかの家電量販店をつぶすことでは、もうその成長を維持することは難しい。住宅関連に進出しているのもその一環。
ただ、サテライト店での家電製品はあくまでコアではあってもメインではないだろう。メインは最寄り品、日用品。テックランドでは片手間に売られているもので、ドラッグストア、ホームセンターの商材である。そしてお客は、1円でも高いとほかに流れる主婦層である。巨大企業の購買力を生かして、廉価販売により、顧客を奪い取る流れを構築できるか、それともドラッグストアの激烈な競争に太刀打ちできず、赤字を垂れ流すか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2014年2月 »