« 2015年11月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年3月28日 (月)

洗濯機・ドラム式の原理と物理

ドラム式の原理は、上下の高低差を利用したたたき洗い。

したがってドラムの直径は大きい方がよい。
現在の住宅の洗濯機スペースは、60 cm× 60 cm。
洗える洗濯物の量は、9 kg から、10 kg、11 kg へ。
スペース効率をどんどん高めているが、限度がある。
水は多すぎるとたたき洗いの効率が落ちるので、当然、少量になる。
汚れには、水溶性と油溶性がある。まあ他にもあるが、大きく分けて。
界面活性剤は、水分と油分をつなげる働きがある。>参考:乳化
ドラム式は水を少なく使うので、油溶性の汚れは比較的落ちるが、水溶性の汚れについては苦手。この手の水溶性の汚れは、ある程度水量に比例。
再付着防止については洗剤にかなり依存。
洗剤の主成分は、界面活性剤と酵素。
洗剤は、活性する温度がある。だいたい、35℃〜40℃(もっぱら酵素に依存)。
ドラム式の利点は、乾燥機能との親和性。
上下に落下する間に空気に触れる時間が確保できる。
縦型の乾燥機能に無理があるのとは違って。
ただその乾燥機能がつくことがまた問題を引き起こす。
乾燥は、風量と温度、湿度のバランス。
外気をヒーターで暖めて、衣類に吹き付けその外気をそのまま吐き出せば乾燥するが、室内の湿度と温度を上げてしまう。そうしないために、機内で空気を循環させるだけだと湿度が100%になって乾燥できないので、どこかで温度を下げて、結露を生じさせ除湿する。
水道水を利用したものを水冷除湿。ヒートポンプを利用したものはそのままヒートポンプ式。
どちらにしても主流はフットプリント 60cm 四方の中で、できるだけ大きいドラムを搭載し、それに干渉しない場所で冷却機能を入れないとならない。必然機体の中を複雑な形状のダクトが通ることになり、そこに埃と湿度のある空気が通る。これで詰まらない方がおかしい。
ヒートポンプ式だとエアコンのフィンみたいなものだからなお。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原因不明の膝痛(再び・その4)

少し状態はよくなった。痛み止めは現在飲んでいない。
膝痛の原因は、半月板の損傷「も」あったようだ。
そちらの方は経過観察で、必要なら手術を行う予定。

原因不明の方も朝に痛み自体はあるが、前ほどひどくない。
しばらくすると落ち着く。
願わくば、このままぼちぼち行けるといいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯機が壊れた

洗濯機(東芝 TW-Z9100R)が壊れた。

販売店の5年保証が終わって、もうそろそろ新型を検討しないとなあというタイミングで。

元々モノあたりのよくない私であるが、この機械も相当ひどいものだった。

まず最初に買ったのは、この機種ではない。この機種の前の型だった。

それが買って1年しないうちに故障し、修理を行っても治らないので、メーカーからこの機種に交換を提案されたのだ。そしてしばらくは機嫌良く使っていたのだが、排水異常が起き、排水弁の故障が2回。基板の交換が1回。その上修理の業者のミスで、水漏れをおこしてすぐにまたきてもらって。

今回は、たぶん、給水弁の故障。

もう診断してもらって、3万円近い修理代を払う気が失せた。

正直、わかっていたことだが、ドラム式洗濯乾燥機は、製品の筋がよくない。

重量物(ドラム)を横に倒し、最近のものはその上斜めにし、高速でぶん回す。

軸がずれるととんでもないことになるし、そのために高度な制御と高いサスペンションをつけないとならない。

乾燥機能がまたこれに輪をかける。

衣類だから当然繊維が出る。それを乾かすと埃になる。

そういうものを含んだ空気を循環させるから、経路のあちこちに付着物がある。業務用なら裏蓋を空ける構造にもできるが、家庭用だから基本的に内部を触らせる構造にはできない。

そうしないために裏側を洗う機能をつけたり、できるだけフィルタを使うようにしたいが、それが目詰まり を起こしたり、抵抗になったりする。

消費電力を下げるためにヒートポンプ式にするとなおたいへんになる。

まずユニットが重い。高い。経路が構造上細くなる。そこに水分と埃を拭くんだ空気を通すのだから詰まらないでくれというのが無理というもの。洗ったり、表面をコーティングしたり色々しているが、だいたいこのあたりがここしばらくの改善のトレンド。

だからこんどは、従来の縦型洗濯機を購入するつもりだった。

ドラム式の乾燥時間に音を上げてガス式の乾燥機を導入しているので、なおのこと。

ところが設置の都合上、洗濯機の上に乾燥機があるので、最近の大容量(10kg以上)洗いの縦型だと上に蓋を開けることができない。手前に扉があるドラム式しか選択がない。

東芝はもう懲りたので、新型はもちろんましになっていると思うが、次は、Panasonic か日立か。シャープにも懲りているので、今回は対象外。

前もって購入する形ではないので、できるだけ安い方がいいし。

店頭展示品でも無いかと思っていたら、日立の BD-V9700 があって安くなっていた。

色々トラブル情報もあるみたいだが、まあ今回はコレで。願わくば5年保証は使わず、6年以上使えますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年11月 »