« 原因不明の膝痛(再び・その4) | トップページ | VW New Golf について »

2016年3月28日 (月)

洗濯機・ドラム式の原理と物理

ドラム式の原理は、上下の高低差を利用したたたき洗い。

したがってドラムの直径は大きい方がよい。
現在の住宅の洗濯機スペースは、60 cm× 60 cm。
洗える洗濯物の量は、9 kg から、10 kg、11 kg へ。
スペース効率をどんどん高めているが、限度がある。
水は多すぎるとたたき洗いの効率が落ちるので、当然、少量になる。
汚れには、水溶性と油溶性がある。まあ他にもあるが、大きく分けて。
界面活性剤は、水分と油分をつなげる働きがある。>参考:乳化
ドラム式は水を少なく使うので、油溶性の汚れは比較的落ちるが、水溶性の汚れについては苦手。この手の水溶性の汚れは、ある程度水量に比例。
再付着防止については洗剤にかなり依存。
洗剤の主成分は、界面活性剤と酵素。
洗剤は、活性する温度がある。だいたい、35℃〜40℃(もっぱら酵素に依存)。
ドラム式の利点は、乾燥機能との親和性。
上下に落下する間に空気に触れる時間が確保できる。
縦型の乾燥機能に無理があるのとは違って。
ただその乾燥機能がつくことがまた問題を引き起こす。
乾燥は、風量と温度、湿度のバランス。
外気をヒーターで暖めて、衣類に吹き付けその外気をそのまま吐き出せば乾燥するが、室内の湿度と温度を上げてしまう。そうしないために、機内で空気を循環させるだけだと湿度が100%になって乾燥できないので、どこかで温度を下げて、結露を生じさせ除湿する。
水道水を利用したものを水冷除湿。ヒートポンプを利用したものはそのままヒートポンプ式。
どちらにしても主流はフットプリント 60cm 四方の中で、できるだけ大きいドラムを搭載し、それに干渉しない場所で冷却機能を入れないとならない。必然機体の中を複雑な形状のダクトが通ることになり、そこに埃と湿度のある空気が通る。これで詰まらない方がおかしい。
ヒートポンプ式だとエアコンのフィンみたいなものだからなお。

|

« 原因不明の膝痛(再び・その4) | トップページ | VW New Golf について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147747/63407839

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯機・ドラム式の原理と物理:

« 原因不明の膝痛(再び・その4) | トップページ | VW New Golf について »