« 2016年3月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年11月13日 (日)

ハイエース サイコー

職場で、もっぱらハイエース(ハイルーフ)に乗っています。

3Lディーゼルターボ4WD なのですが、まあやっぱり素晴らしいとしか言い様がない。

車重があるから加速は鈍いけど、定速運転が簡単。アクセルにストレスがありません。
ブレーキも遊びがあるけど、十分コントロールできる。
着座位置が高めなのと、ミラーが豊富、箱形だから見切りがよいので細い道にも安心して入っていける。
なにより、ステアリングが素晴らしい。切ったら切った分だけ曲がるし、路面の情報も伝えてくれる。
最高速はたいしたことは無いかもしれないけど、高速道路で問題になるレベルじゃないし、飛ばす車じゃない。

売れるのがわかるひとつの究極だと思いました。

なんでこんなに乗りやすいのかなあと思って、カタログを見たら

300(30.6) N・m(kgf・m) / 1,200~3,200rpm。


トルク、1200回転から一定のトルクが出続ける・・・。
そりゃコントロールしやすいわな。

つまり私が好むのは、低回転からそれなりのトルクが出て、変動が少ない車ということね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバルインプレッサ ちょっとだけ試乗

新型スバルインプレッサ(2.0L)にちょっとだけ試乗しました。


もともと6人以上乗れないと次期主力戦闘機にならないので、冷やかしですが。
スバルだとクロスオーバー7なのですが、大きいんだよなー。

ハンドルはちょっと重め。車体はかっちりしている。着座位置低めだけれど、無理な感じはしない。しっかり走る。
ブレーキフィールも悪くない。
まあ、ペダルの金属感ありまくりのピカピカはあまり好きではない。

加速していく中で、50km前後に一瞬、どっちつかずの領域があったように思います。
エンジンの回転数、トルクと変速機の谷間?
あとサスペンションのせいでしょうか、ギャップを越えたあとにビミョーに収まりが悪い。
いつまでも変な感じの揺れがあります。

もう少し熟成を待ちたいな〜という結論。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電動ステアリングについて

私の現在の車は、VW Golf Toucan (2013)。

電動ステアリング。

新型になった Touran (2015)も、電動ステアリング。
代車で乗った、Golf7もいっしょ。
省燃費技術として、カタログにも載っている。

だから電動だからダメというわけではない。
ただ、どこまでも回るようなふりをして、突然ガチッと止まるステアリングは、正直勘弁して欲しい。
昔試験場で四輪の免許を取ったのだけれど、その当時の試験車が日産セドリック。やっぱり軽くどこまでも回るステアリングだった。
それだけが落ちた原因ではないが、何回も受験を重ねて結局合格をもらったのは、試験場に1台だけ残っていた嫌われ者の重ステ、セドリック。

ステアリングがどれだけ回っているか抵抗感がある、路面からの情報が伝わる、そんな最低限の仕事はして欲しいと思う。

燃費のことを考えても、自動運転のことを考えても、未来は電動にしかないのであれば、ちゃんと当たり前のステアリングが欲しい。

あと乗り込みにくさはあると思うけど、D型のステアリングホイールは勘弁して欲しい。回しにくいから。

車なんて所詮、ステアリング、アクセル、ブレーキしか、コントロールできないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VW New Golf について

ドイツ本国で、新しいGolf、(といってもビックマイナーチェンジへんな日本語!)が出るとのこと。


エンジンは、1.5Lターボだそうで。たぶんこちらは、HL向け。CL、TL向けは、他のもの。
現在私が乗っているのは、Golf Touran 2013モデル。
 # 1回目の車検を通しました。

このエンジンは、1.4Lのツインチャージャー(S/C+T/C)。
何度か試乗と代車で、Golf7 CLと 2015Touran に乗っていますが、こちらのエンジンは、1.2Lと1.4L のシングルチャージャー(T/C)。
圧倒的によいのは、1.4Lのツインチャージャーの方。
低速から一定のトルクが出続けるので、アクセル開度と速度の関係がリニア。

コストがかかりすぎるのか、セッティングが難しいのか、軽くしたいのか、他の理由なのかは知らないけど、MQB世代でシングルチャージャーにしたVW。

考え方としては、わかる。
ダウンサイジングコンセプトだから排気量は小さい方が燃費がいいし、パワーの必要なところはターボで補う。回転の下の方のトルクは薄くなるから、1,2速をローギアにしてできるだけ早く上の回転にしてターボを効かせる。
そのためには、Golf なら 1.2Lの方が軽く回るし、安くなるし、Touran ぐらいなら1.4Lで十分。

でもね実際は、アイドリングから、ターボが十分効くまでのトルクが大切なんです。
街中では、常にアイドリングからのスタートが基本だと思っていい。
信号待ち、惰性走行、ブレーキングからの加速、どれも最低回転まで下がっている。
そこから、アクセルオンでどれだけリニアに加速できるか。
そのまったくあたりが理想通りになっていない。
ということで、トルクを増す最も簡単な方法、排気量アップということになったんだと思う。

というかやる前からわかっているだろ!
なんで、評論家のみなさまのGolf7が高評価だったのかまったくわからない。
あんなにへんな低速なのに。

ちなみに私は飛ばし屋でも車屋でもありません。
ただ街中を制限速度+10キロぐらいで気持ちよく走りたいだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2017年1月 »