« 洗濯機・ドラム式の原理と物理 | トップページ | 電動ステアリングについて »

2016年11月13日 (日)

VW New Golf について

ドイツ本国で、新しいGolf、(といってもビックマイナーチェンジへんな日本語!)が出るとのこと。


エンジンは、1.5Lターボだそうで。たぶんこちらは、HL向け。CL、TL向けは、他のもの。
現在私が乗っているのは、Golf Touran 2013モデル。
 # 1回目の車検を通しました。

このエンジンは、1.4Lのツインチャージャー(S/C+T/C)。
何度か試乗と代車で、Golf7 CLと 2015Touran に乗っていますが、こちらのエンジンは、1.2Lと1.4L のシングルチャージャー(T/C)。
圧倒的によいのは、1.4Lのツインチャージャーの方。
低速から一定のトルクが出続けるので、アクセル開度と速度の関係がリニア。

コストがかかりすぎるのか、セッティングが難しいのか、軽くしたいのか、他の理由なのかは知らないけど、MQB世代でシングルチャージャーにしたVW。

考え方としては、わかる。
ダウンサイジングコンセプトだから排気量は小さい方が燃費がいいし、パワーの必要なところはターボで補う。回転の下の方のトルクは薄くなるから、1,2速をローギアにしてできるだけ早く上の回転にしてターボを効かせる。
そのためには、Golf なら 1.2Lの方が軽く回るし、安くなるし、Touran ぐらいなら1.4Lで十分。

でもね実際は、アイドリングから、ターボが十分効くまでのトルクが大切なんです。
街中では、常にアイドリングからのスタートが基本だと思っていい。
信号待ち、惰性走行、ブレーキングからの加速、どれも最低回転まで下がっている。
そこから、アクセルオンでどれだけリニアに加速できるか。
そのまったくあたりが理想通りになっていない。
ということで、トルクを増す最も簡単な方法、排気量アップということになったんだと思う。

というかやる前からわかっているだろ!
なんで、評論家のみなさまのGolf7が高評価だったのかまったくわからない。
あんなにへんな低速なのに。

ちなみに私は飛ばし屋でも車屋でもありません。
ただ街中を制限速度+10キロぐらいで気持ちよく走りたいだけです。

|

« 洗濯機・ドラム式の原理と物理 | トップページ | 電動ステアリングについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147747/64485346

この記事へのトラックバック一覧です: VW New Golf について:

« 洗濯機・ドラム式の原理と物理 | トップページ | 電動ステアリングについて »