« 投資信託がダメなわけ | トップページ | 社債には意味が無い »

2017年8月 8日 (火)

インデックス投資信託がわからない

わからないものには投資しないという大原則がある。

そういう点で、私には投資信託がどうしても理解できない。

原理上のことはわかるし、アクティブ型ならある程度わかる。
ファンドマネージャー個人、団体が自分の感性、経験にものをいわせて集めたお金で博打を打つのだ。儲かれば、所定の手数料を引いて元本に組み入れ価格も上がるし、損すれば評価額が下がるが、所定の手数料は戴く。どっちにしてもおいしい。
負けが込んで、資金が集まらなくなった時点で、場合よっては解散。
種銭が切れたら、ゲーム終了なので、ドルコスト平均法というまじないを唱えて、毎月出資者の口座から寺銭をかき集める。

もうね、ゲームをしたいのであれば、自分の金でやれ!

だが、最近はやりのパッシブ型、日経平均連動とか、TOPIX連動とかいうものがまったくわからない。
とても高度な金融工学に基づいた自動売買を行っているのだろうが、見せかけならともかく、指数に合わせてちょうどになるように操作ができるわけがない。誤差がでて当たり前だ。
ずっとぴったりにできるのなら、それは神の仕業か、はたまた何もない紙だけ(現物を買わずにとりあえずやっているふりだけしている)だと思う。

百歩譲って、価格合わせ、凪相場なら可能でも、乱高下したなら多分お手上げ。
個別株であれば、個人にはありがたい優待もどこかに消えるし、目論見書を読んでも「こうしたいと思います」以上のことはないし。

今はやりのパッシブ型が本当に魔窟に思える。

|

« 投資信託がダメなわけ | トップページ | 社債には意味が無い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147747/65640655

この記事へのトラックバック一覧です: インデックス投資信託がわからない:

« 投資信託がダメなわけ | トップページ | 社債には意味が無い »