« 2017年8月 | トップページ | 2020年4月 »

2018年9月16日 (日)

iPhone の新機種登場と iOS と

iPhone の新機種が発売された。

 

とんでもない価格で、誰が買うんだ?と思った。

 

 

もう一つ、少し前の話題で iOS12 が、iOS11 対応機種すべてにインストール可能と言うのがあった。

 

 

 

まったく別個に見える話題が、ちょっと前に頭の中でひとつになった。

 

 

これって、すごいことじゃないか?

 

アップルは、ブランドを毀損せずに格安スマホに参入したんじゃないか。

 

低価格帯にも大手を振って、そうは見えないように、参入したんじゃないか。

 

 

 

現在、日本のキャリアは、ファーストライン(ブランド;docomo、au、Softbank)で、新型とその前の型ぐらいを扱っている。

 

これに二年縛りなどを付加するために、本体価格分を分割で補填している。

 

そして、セカンドライン(ブランド;UQ, e-mobile, )などは、それ以外。

 

サードラインとして、ケーブルテレビ系や、弱小MVNOなんかは、現在であれば、6とか6s。

 

 

 

この構造だと、すべての事業者が iPhone を扱えて、訳あり感はあっても安物感がない。何年か前の主力商品で、最新OSが過不足なく動くのだから。

 

 

最新の高いものは、それでも欲しいという人やファーストラインの手厚いサポート(価格を含め)を求める人が購入する。

 

そうすると最新技術の減価償却が早く終わり、新しい技術をより積極的に導入できる。

 

格安スマホを別に用意する必要がなくなり、セカンドライン、サードラインにながしても十分に利益が出る商品になる。

 

 

市場に出回っているほとんどで同じOSが動き、実働台数の蓄積が期待でき、エコシステムがより強固なものになる。

 

 

 

Android陣営における、メーカー間、機種間、OSの世代間の断絶とは、対照的に。

 

 

iPhone5c、iPhoneSEのように別に用意する必要がない上に、棲み分けも考えなくていい。

 

 

 

 

ちょっと恐怖を感じたが、快適なので iPhone から乗り換える気はない。

 

完全に手のひらの上だ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2020年4月 »