2017年8月16日 (水)

為替の向こう側

投資の格言で「よく卵はひとつの籠に盛るな」と言われ、分散投資を勧められる。

だが、これを実践してよいのは、十分な資産を持ち、守りに入っている人だけである。

資金は力そのものであり、分散させることは戦力を分けることに他ならない。
守りたいのであれば、元本保証のものに限る。
増やしたいのであれば、できるだけ機動性を確保し、大金をつぎ込める準備を怠ってはいけない。

まして、為替の向こうにある投資案件は、将来、その国で過ごすことが確定している、過ごしたいと思っている、旅行に頻繁に行っているなど、現地通貨で使うことが前提でないのであれば、やらない方がよい。
ただ、そのために現地通貨で引き出せる金融商品は思いのほか少ない。

最大の理由は手数料である。
現物株式を勧めた理由も手数料だったが、ここでも理由は手数料だ。
儲かるかどうかはわからないが、手数料は取引のたびに間違いなくかかる。
まして自国通貨の取引以外は、為替というものが必ずついてくる。

情報としては、全世界を知ることも大切だ。
だが、あなたが日本に今後も住み続けるのであれば、日本の投資案件のみを選び続けよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

現物株式の買い方

基本的に趣味に費やすお金は、無駄金。

戻ってくることはない。
それが、金融商品だと戻ってくる可能性がある上に、儲かるときもある!

そういう気持ちだと銘柄選びの基準がまったく違ってくる。
だから、現実社会とのつながりがあり、親しみを感じることのできる、現物株式が一番わかりやすい。
買うタイミングも、いつもの買い方でいいのだ!
タイムセール、見切り品、ワゴンセール、特売、アウトレット。
なんとなく、見ていて、安くなっていたら買えばいい。
情報など調べてもしかたがない。
たいがい、もっと下がるだろう。
だからもっと買い増そう。
金融商品だから多くてもかさばらないし、数が多いと、もらえるものも増える銘柄もある。

会社が潰れなければ、いつかは上がる。
それまでは無配でも買い増し続ければよい。
これ以上は、出せないな、趣味でもこれはやりすぎかな、と思ったラインが止め時だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保険について

なんだか、だいぶ偏った、エキセントリックな投資情報を書いているような気がする。

まあ、引き続き。

医療、生命保険について

あなたが、定職に就いていて、30才前、子供がいないなら、基本不要かも。
少し調べればわかるけど、若年性のガンは発生率が低い上に、なった場合の死亡率は高い。
極端に悪い生活習慣でも無い限り、心臓疾患、脳疾患になる可能性も低い。

しがみついてでも会社に残っていれば、最低限の収入がある上に、高額医療控除が受けられるから、月々の支払はそれほど高くない。

ガンの専門的な高度医療は、適応するガンが少ない上に、受けるための地域格差が大きい&有効率がそれほど高くないから、受けるにも結構たいへん。

高い保険料を払うくらいなら、貯蓄に回した方が断然いい。
月々は安くて、もらうとでかい生命保険なんて、受取人もいないし。

知っているソニー生命の人は、弟が20代で契約しようとしたら、「入らない方がよい」と言って、断りましたし。
結局、好感持ったので、その後結婚を機にその人から契約してましたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社債には意味が無い

株式はリスクが高いから、安定重視で社債とか、債券ファンドとかいうが、社債はゼロリスクではない。倒産したら返ってこないのは同じだ(まあ残り資産があれば、返還優先順位は株式より上)。


それでいて、メリットは確定している少ない金利。

1金融機関1,000万円までだが、元本保証な分だけ、定期預金の方がまし。
どうしても債券を買いたいのであれば、国債をどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

インデックス投資信託がわからない

わからないものには投資しないという大原則がある。

そういう点で、私には投資信託がどうしても理解できない。

原理上のことはわかるし、アクティブ型ならある程度わかる。
ファンドマネージャー個人、団体が自分の感性、経験にものをいわせて集めたお金で博打を打つのだ。儲かれば、所定の手数料を引いて元本に組み入れ価格も上がるし、損すれば評価額が下がるが、所定の手数料は戴く。どっちにしてもおいしい。
負けが込んで、資金が集まらなくなった時点で、場合よっては解散。
種銭が切れたら、ゲーム終了なので、ドルコスト平均法というまじないを唱えて、毎月出資者の口座から寺銭をかき集める。

もうね、ゲームをしたいのであれば、自分の金でやれ!

だが、最近はやりのパッシブ型、日経平均連動とか、TOPIX連動とかいうものがまったくわからない。
とても高度な金融工学に基づいた自動売買を行っているのだろうが、見せかけならともかく、指数に合わせてちょうどになるように操作ができるわけがない。誤差がでて当たり前だ。
ずっとぴったりにできるのなら、それは神の仕業か、はたまた何もない紙だけ(現物を買わずにとりあえずやっているふりだけしている)だと思う。

百歩譲って、価格合わせ、凪相場なら可能でも、乱高下したなら多分お手上げ。
個別株であれば、個人にはありがたい優待もどこかに消えるし、目論見書を読んでも「こうしたいと思います」以上のことはないし。

今はやりのパッシブ型が本当に魔窟に思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投資信託がダメなわけ

色々調べてはみたが、私には投資信託がどうしても好きになれない。

昔は違ったが、ネット証券が主流になった現在、証券口座の維持には、お金が一切かからない。

また、現物株式の場合、売り買いの時にしか手数料が発生しない。その手数料も本当に少額だ。

ちなみに、SBI証券の手数料表

それに比べて、投資信託の場合は、売買に手数料、プラスして維持にもお金がかかる。
他人に運用を委託するから当たり前だが、ではその分だけ儲かるのかというとまあ無理。
比較的安いパッシブ型でも、ETFでもかかることはいっしょ。

現物株式の場合、会社が潰れなければ、まず損はしない。
どんな会社でも弱いときはある。全体の相場が崩れるときがある。
そのときに、優待目当てでもいいから、何か購入すればよい。
持ち続ける前提でいえば、配当を2%だしてくれる会社であれば、50年で元は取れる。
50年潰れなければ、勝ちである。
配当が出ていれば、買値に比べて ー10%でも5年間でいっしょのこと。
なんといっても今はゼロ金利だ。
優待があれば、それはおまけだ。
途中値上がりすれば、いつでも売ればいい。

儲けようと思うから、損するのだ。
はじめから損すると思っていれば、諦めもつく。
従って、1銘柄に投資できる金額は、潰れても諦めのつく金額となる。

投資信託は、倒産の危険は無いが、解散はあり得る。
そして、手数料は取られ続ける。
はじめから勝ちがない勝負をするほど、アホな話はない。
「儲けたいのであれば、胴元になれ」である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参考になる人

投資についての心構えについて参考になるにしている人を上げよう。


山崎元 さん(リンクは楽天証券のページ)

ただお勧めが、投資信託。

私は現物株式をお勧めする。
損するのも投資の自由のうちだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドルコスト平均法の嘘

しばらく投資の話をしようと思う。

未来はわからないので、儲かるかどうかは知ったことではない。
だが、確実にいえることはいくつかある。

そのうちのひとつは、「ドルコスト平均法は嘘」。
同じものをずっと買い続けるなんて、アホのやること。
まして、高いときも安いときも買うなんてあり得ない。
高いと思うときに買う必要は無いし、買い続けないとならないなんておかしい。

百歩譲って、ずっと同じものを買い続けてもいいが、思っている価格より高ければ買わなければよい。
その分は、定期預金にでもしておけば1金融機関につき 1,000万円までは元本保証
(その他の預け入れと合わせて) だ。
そういう自由度のない商品は根本的にダメだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

ドラッグストアがかわる

今まで、「ドラッグ」ストアといわれているものは、調剤不要のドラッグも扱う日用品のショップだった。
だが、最近は、「調剤ができる」本当の意味でのドラッグストアになりつつあるし、そうならないと生き残れない現実がある。
そして、現在病院の周辺にある調剤薬局は急速に衰退するだろう。結果薬剤師は、余りだす。
なぜか?購買行為として考えた場合、調剤薬局と病院の時間距離は、適度に離れていた方がよい。病院でFAXをしてもらって目の前の薬局では待つ場所がかわるだけである。自宅周辺に(十分に安価な)最寄り品、日用品を扱う調剤薬局があるなら、そこを選ぶだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマダ電機 サテライト店 戦略について

ヤマダ電機が全国各地にサテライト店を出店する計画を進めている。都市型店舗のLABI、郊外型大型店舗のテックランドでは、カバーしきれない15万人商圏に向けた方策だそうだ。
家電販売では、ダントツの存在になってしまったヤマダだが、上場企業である以上常に成長を求められる。ほかの家電量販店をつぶすことでは、もうその成長を維持することは難しい。住宅関連に進出しているのもその一環。
ただ、サテライト店での家電製品はあくまでコアではあってもメインではないだろう。メインは最寄り品、日用品。テックランドでは片手間に売られているもので、ドラッグストア、ホームセンターの商材である。そしてお客は、1円でも高いとほかに流れる主婦層である。巨大企業の購買力を生かして、廉価販売により、顧客を奪い取る流れを構築できるか、それともドラッグストアの激烈な競争に太刀打ちできず、赤字を垂れ流すか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)