2007年3月19日 (月)

エコキュートはもうしばらく待て

オール電化の切り札としてエコキュートを国を挙げて応援しているみたいだ。
ただ、このエコキュート、それなりに注意点があって、
・初期費用が通常の電気温水器より高い(補助も出るみたいだけど)
・一定期間の後(およそ10年程度)冷媒交換を考慮に入れないとかないとならない
という二つは押さえておこう。
何より現時点では初物買いに近いので、できればあと数年たって初期の人たちが冷媒交換を行ってその状況を見極めてから購入してもいいかもしれない。

生活の都合上、
・ガス給湯
・灯油給湯
・電気温水器
の併用をしているのだが、やはりガスが一番融通が利いて、気持ちのよいお湯が出る。
 #室内燃焼型じゃなくて、屋外型のできれば少し大きめのタイプね
電気温水器を利用するのであれば、加圧式の給湯設備を強く希望した方がいい。
水圧が弱いので、水だと勢いがいいのにお湯になるととたんにショボショボになる。

このあたり気に入らないからといってすぐに買い換えられるものではないので、十分検討をしよう。

参考:最近よく聞く?!「エコキュート」ってなに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)